キクを正しく育てる|キクの正しい育て方を学び綺麗な花を咲かせましょう

正しい方法でキクを育てて綺麗な花を咲かせる

キクを正しく育てる

園芸用品

キクの特徴

キクは、手間暇を惜しまない育て方をすることで綺麗な花を咲かせます。また、綺麗な花がゆえに見惚れてしまうという魅了する力があるとも言われています。このような、非常に魅力の詰まったキクを育てるために適切な育て方を知っておきましょう。そうすることで、綺麗な花を咲かせキクを楽しむことができます。

キクを育てる時の重要なポイント

キクは日光を非常に好む植物です。ですから、1日10時間以上日の光に当たる場所に置いてあげるようにしましょう。また、キクの特徴として日に当てる時間を短くすると花が咲くのです。このような特徴があるので、時期を感じられる屋外で育てることがおすすめになります。

苗を植える時に知っておくべきこと

キクの苗を植える時にはポイントがあります。まず、苗を植える適切な時期は初夏当辺りに植えることが良いでしょう。そうすることで、秋に綺麗な花を咲かせてくれます。また、苗を鉢に植える際に注意しておくべきことは鉢が小さいと根詰まりなどを引き起こす可能性があります。ですから、苗よりも大きい鉢に植えるようにしましょう。

キクの剪定のやり方

キクが十分成長してくると剪定しないといけません。しかし、剪定は正しい方法でしないとキクを枯らせてしまう原因ともなり兼ねないので知識を身につけておきましょう。剪定をするべき時期は、本葉が8枚程度が適切と言えます。さらに、枝に葉が5枚程度あれば芽先を摘んで全体の形を整えていきましょう。

キクを植え替える

キクは、長期間一緒の場所で育てることは避けておきましょう。その理由としては、同じ位置で育つことで病気になりやすくなったり害虫に襲われやすくなったりするのです。そのような被害をなくすためにも、植え替えてから1年毎に場所を変えて植え替えるようにしましょう。そうすることで、元気に育ってくれます。