キクに関する情報をしっかりと知っておく

キクを正しく育てる

園芸用品

キクを正しく育てる

キクは手間をかけた育て方をすればするほど綺麗な花を咲かせてくれます。ですから、しっかりと時間をかけて育ててあげるようにして下さい。そうすると、綺麗なキクの花を楽しむことができるでしょう。

READ MORE

キクを知る

フラワー

キクの花言葉

キクには様々な花の色があるので人気な植物になっています。花の色によって花言葉の違いがあるのをご存知でしょうか。黄色の花は、「わずかな愛」や「長生きと幸せ」という花言葉があります。さらに、白い花であれば、「真実」などの意味となるのです。また、キクは古くから存在しており偉人に贈られていたなどの歴史が深い花でもあります。

キクの歴史

キクの始まりは2000年以上前に遡ります。キクが栽培されだした頃は、主に食べたり薬として使用したりしていました。しかし、花の美しさから観賞用して楽しまれるようになり現在に至ります。また、品種改良によって様々な色の花になり種類も豊富になっているのです。

キクの葉と花

キクの葉とは特徴的で、葉は一般的に楕円の形をしています。さらに、ジグザグした葉に波のような切込みがあるのです。また、花の特徴としては種類によって一重から八重があり大きさも違います。ですから、キクの種類によって多種多様であるので幅の広い楽しみ方ができると言えるでしょう。さらに、季節を問わず咲くので1年中観賞が可能となります。

栽培で注意しておくこと

基本的にキクは暑さ寒さに強い植物として知られています。しかし、丈夫と言われているキクでも病気や害虫の被害は受けます。まずキクのなりやすい病気には灰色かび病やさび病などが挙げられるでしょう。このような病気は、風の通気が良くないことで起きやすくなります。ですから、できるだけ風通しの良い場所に置くことが重要です。また、注意するべきなのが害虫となります。外での栽培が好ましいキクなので害虫問題は避けては通れないでしょう。しかし、害虫はしっかりと対策をしていれば被害は起きないので定期的に薬剤などを撒くようにして下さい。このようなことに気をつけて育てることで被害を被る可能性は極めて低くできるでしょう。

惜しまない手入れをする

キクは、丈夫な植物ではありますが手入れをしっかりとしないと美しい花を咲かせてくれない植物でもあります。また、キクは肥料がたくさん必要とするので「肥料食い」とも呼ばれています。しかし、肥料を与えすぎると上手く育たないのでキクの状況を確認しながら育てるようにしましょう。この他にも、様々な手入れが必要となるので手間がかかりますが、その分愛着が沸いてくるのでキクでガーデニングをしてみてはいかがでしょうか。

食べることができるキク

かつて主に食用として栽培されていたキクは今でも食べることができます。しかし、食用キクの使われ方としては料理の飾りとして置かれることがほとんどです。このように、脇役とされているキクには十分な栄養があるのを知っている人は多くありません。ですから、キクにはどのような栄養があるのかを知っておきましょう。キクには、ビタミンÇやビタミンE・B2などの栄養素が含まれています。その為、美容に効果的な食材といえるのです。また、がんの予防をしてくれる効果もあるので身体に良い食材になるでしょう。

キクに関する口コミ

栽培していると愛着が沸きますよ!

初めは何の気なしにキクを栽培していました。しかし、栽培していく内にもっと綺麗な花を咲かせたいと思い様々な栽培方法を試すようになっていました。そうすると、いつの間にか愛着が沸くようになり今ではキクを観賞することが日課になっていますよ!

キクに関するQ&A

室内でもキクを栽培できますか?

キクは基本的に日の当たる外で育てるのが好ましいです。しかし、外の栽培が難しいのであれば風通しの良いできるだけ日の当たる場所に置くようにしましょう。そうすることで、栽培が可能になります。

キクの栽培は難しいですか?

キクは丈夫な植物なので正しい方法で育てていればすくすくと育つでしょう。しかし、植え替えのタイミングや剪定などが重要となるのでキクに関する知識はしっかりと身につけておく必要があると言えます。